読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線を消す第一歩にもつながります。

 

ほうれい線には、頬のたるみも影響しています。


頬の筋肉がたるんでくるのに加えて、それを上のほうで支える 側頭部の筋肉、そして下のほうで支える口元の筋肉が すべて加齢により衰えることで頬の筋肉をますます支えられなくなり、 ほうれい線につながるようです。


顔のインナーマッスルをきたえて、 ほうれい線のできにくいハリのある頬を作りましょう。

 

■頬のたるみを防ぐマッサージ

その場ですぐにできる、頬の筋肉のマッサージがあります。

 

1.人差し指・中指・薬指の3本で、頬骨のすぐ下をぐっと押さえます。

 

2.その状態で、皮膚ごと左右に大きく動かします。

  指がずれて皮膚をこすらないよう注意しましょう。

 

3.10回動かしたら、3本の指を指1本分ほど下にずらして、   同じようにおこないます。


表情筋が衰えている人は、最初は筋肉痛のような痛みを感じます。

毎日続けることで、徐々にきたえられていくはずです。

 


■口を開けて頬をきたえるエクササイズ

他にも、簡単なたるみ解消の方法は色々とあります。

 

口を大きく「あ」の形に開け、そのまま頬を上のほうに引き上げる、

これだけでも頬の筋肉をきたえることができます。


「あ」のまま笑おうとするイメージです。


慣れないうちは、何度かおこなってみただけで 頬が疲れるのを感じるでしょう。

 

また、「お」の形のまま両側の頬に手を添えて、10秒間止めます。

ムンクの叫びのような感じです。

それから、両手で頬を上へ持ち上げ、また10秒ストップ。

たるんだ頬を正常な位置に戻すイメージでおこなうと良いでしょう。

 

基本的に、顔のインナーマッスルをきたえるためには、

口を大きく開け、普段使わない筋肉に刺激を与えるのが基本です。

 


吹奏楽などで、トランペットやチューバ、サックスなどを吹いている人は

顔が締まりやすいといわれますが、これも口元の筋肉を使うからだと考えられます。


本を読みながら、パソコンを使いながら、意識的に顔のパーツを

動かすようにするだけでも、ほうれい線のできにくい頬になるはずです。

ほうれい線を消す第一歩にもつながります。

ほうれい線ができる原因は頬の筋肉のたるみ

年齢とともに、頬の筋肉を支える側頭部と
口元の筋肉が衰えることで、頬の筋肉がたるんでくるのが1つの原因です。

これを防止するためには、普段意識しない顔の筋肉を
きたえるエクササイズが効果的。


私たちは普段、顔に多数ある筋肉の、
ほんの3割しか使っていないといわれます。

笑った時に、頬がぷるぷる震えるのは、筋肉が衰えている証拠。

口を大きく開けて発声練習をするなど、筋肉を刺激してあげましょう。

ほうれい線に効果のあるエクササイズ 『人差し指でシワ伸ばし』

舌を使った1のエクササイズの指バージョンです。
人差し指の腹で、口の中からほうれい線を伸ばします。

斜め上に皮膚を引っ張り上げる感じで、ぐーっと押してください。

ほうれい線は、折りジワでもありますので、
物理的に伸ばすことでかなり効果が期待できます。


毎日おこなうのがコツです。



どれも道具など使わず、気が付いた時に
簡単にできるものですので、ぜひ習慣にしてみましょう。


早い人では、1ヶ月でほうれい線がかなり目立たなくなります。

ほうれい線予防には、目の疲れをとる!

目と口元は一見離れているように見えますが、実は顔じゅうの筋肉は
お互いに連動しあっているため、密接な関わりがあります。

パソコンや読書などで目を疲れさせてしまうと、目の周りの「眼輪筋」に
疲労物質や毒素がたまり、顔の下半分の筋肉を引っ張り下げてしまうといわれています。

長時間、目を酷使するような作業はなるべく避け、疲れた後はホットタオルや
蒸気の出るアイマスクなどで、しっかりケアをしてあげましょう。

 

20代後半ごろから予防のためのケアをしておくと、
ほうれい線のできるスピードをかなり遅らせることができるでしょう。

超音波による美顔器を使ったほうれい線ケア

エステティシャンによるマッサージのほか、
エステによってさまざまな機器もとり入れています。

たとえば超音波による美顔器です。

2つの細いプロープのついた美顔器で、
左右のほうれい線を同時にケアすることが多いでしょう。

自宅で使える美容家電よりも高い周波数のため、非常に効果的です。

人によってはその場で変化を感じることもあるようです。

また光やラジオ波を使った施術や、ローラー型の機器などもありますし、
エステでもコラーゲンやヒアルロン酸をお肌に入れる
メソセラピー」をおこなっているところもあります。

美容外科の注射と異なり、針を使わないノンニードルタイプで、
電気を使ってお肌に浸透させることができます。

さまざまな美容機器で効果的にほうれい線にはたらきかけてくれます。

 

どのエステでも、ほうれい線対策には力を入れているはずですので、
口コミなども参考に、ぜひ通いやすいところを見つけてみてください。

歌に合わせてほうれい線エクササイズ

「かたつむり」の歌に合わせて、
頬をリズムよくふくらませるエクササイズです。
心の中で歌いながらチャレンジしてみてください。

1.でんでんむしむしかたつむり
右のほおを8回ふくらませます

2.お前の目玉はどこにある
左ほおを8回ふくらせます

3.つの出せ
上歯ぐきと上くちびるの間をふくらせます

4.やり出せ
下歯ぐきと下くちびるの間をふくらませます

5.目玉出
目を大きく見開き、両頬をふくらませます

小刻みにテンポよくふくらませるのがポイントです。
ぜひ気づいた時におこなう習慣をつけてみましょう。

 

ほうれい線を消す為の第一歩です。